コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソコトラ[島] ソコトラ

百科事典マイペディアの解説

ソコトラ[島]【ソコトラ】

アフリカ東端,アシール岬(グアルダフィ岬)の北東約240km,インド洋上の島。イエメン共和国領。標高200〜300mの台地からなる。ナツメヤシ,綿花,タバコの栽培,羊,ヤギ,牛の牧畜が行われる。
→関連項目エキザカム

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソコトラ[島]【Jazīra al‐Suquṭra】

アデンから南東海上950km,アフリカ東端アシール(グアルダフィ)岬より北東約240kmのインド洋上にある島で,イエメンに属する。面積約3625km2,人口約2万。7世紀に移住したアラブの子孫やアフリカから渡来した人々が住む。中央部の山岳地帯には標高1600mのフジャイル山があり,〈ドラゴンの血〉と呼ばれる桃色の染料のとれる木や生物学上貴重な動植物の生態が見られるが,現在はイエメンの軍事基地があり,外国人の立入りを禁じている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android