コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソコルル・メフメト・パシャ Sokollu Mehmet Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

ソコルル・メフメト・パシャ【Sokollu Mehmet Paşa】

1505‐79
オスマン帝国の政治家。帝国支配下のボスニア地方の片田舎ソコロビッチ村に生まれ,少年の頃デウシルメによって宮廷に入る。スレイマン1世の信任を得,門衛長官,海軍提督などをへて,1564年に大宰相(サドラザム)に任ぜられた。以後13年間この職にあって,軍隊の改革など国政刷新につとめ,1571年にキプロス島征服。同年オスマン帝国は,レパントの海戦に敗れたが,海軍力の回復に成功するなど,帝国の繁栄維持に努力したが,79年,政敵により暗殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ソコルル・メフメト・パシャの関連キーワード近衛政家イワン梅枝イワン[3世]ビジャヤナガル王国イワンアルメイダイワン3世(大帝)後法興院政家記クレムリン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android