ソコルル・メフメト・パシャ(英語表記)Sokollu Mehmet Paşa

世界大百科事典 第2版の解説

ソコルル・メフメト・パシャ【Sokollu Mehmet Paşa】

1505‐79
オスマン帝国の政治家。帝国支配下のボスニア地方の片田舎ソコロビッチ村に生まれ,少年の頃デウシルメによって宮廷に入る。スレイマン1世信任を得,門衛長官,海軍提督などをへて,1564年に大宰相(サドラザム)に任ぜられた。以後13年間この職にあって,軍隊の改革など国政刷新につとめ,1571年にキプロス島征服。同年オスマン帝国は,レパントの海戦に敗れたが,海軍力の回復に成功するなど,帝国の繁栄維持に努力したが,79年,政敵により暗殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android