ソプタン山(読み)ソプタンサン

デジタル大辞泉の解説

ソプタン‐さん【ソプタン山】

Gunung Soputan》インドネシア中部、スラウェシ島北東部にある活火山。標高1784メートル。18世紀末より30回以上の噴火が記録されている。爆発的な噴火に伴い、溶岩流、火砕流も発生。ソプタン火山

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android