コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソリドゥス Solidus

翻訳|Solidus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ソリドゥス
Solidus

コンスタンチヌス1世 (大帝) の通貨改革によってつくられた金貨。ギリシア語名ノミスマ Nomisma,のちにはヒュペルピュロン Hyperpyronと呼ばれた。通常の金保有量は 4.48gで,ビザンチン帝国での通貨制度の主柱であった。 11世紀中頃までは国内はもとより,国外においても「中世のドル」といわれるほどの安定度を保った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のソリドゥスの言及

【ポンド】より

…ポンド・スターリングの呼称はこれに由来するという。ノルマン人もイギリスへの進入後,この銀貨を継承し,古代ローマの度量衡や貨幣の単位であるリブラlibra,ソリドゥスsolidus,デナリウスdenariusをそれぞれポンド,シリング,ペニーに対応させ,1ポンド=20シリング=240ペンスとした。ポンド,シリング,ペニーの略称である£(またはlb),s,dはそれぞれlibra,solidus,denariusからきている。…

※「ソリドゥス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソリドゥスの関連キーワードコンスタンティヌス(大帝)メラニア[小]ソリドゥス金貨リーブル国際通貨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android