主柱(読み)しゅちゅう

精選版 日本国語大辞典「主柱」の解説

しゅ‐ちゅう【主柱】

〘名〙 中心となる柱。
※風(1951)〈永井龍男〉上「かげった日光が、再びサッと降り注がれる度に、二本の主柱がくっきり木膚を浮き出した」

おも‐ばしら【主柱】

〘名〙 日本建築で、家屋の中心になる柱。大柱。⇔袖(そで)柱。〔日本建築辞彙(1906)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主柱」の解説

しゅ‐ちゅう【主柱】

建築物を支える中心の。転じて、全体を支える最も重要なもの。「国づくりの主柱は教育である」

おも‐ばしら【主柱】

建物の主要な柱。大柱。 →袖柱(そでばしら)控え柱

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android