ソンディ・テスト(英語表記)Szondi test

世界大百科事典 第2版の解説

ソンディ・テスト【Szondi test】

ハンガリー生れの精神医学者ソンディL.Szondiによって1947年に創始された人格検査。独自の深層心理学説(運命心理学)に基づいて,家族的無意識の動機づけられた性質と衝動病理の解明を意図するもの。8枚1組(同性愛,加虐者,癲癇(てんかん),ヒステリー,緊張型分裂病,妄想型分裂病,鬱(うつ)病,躁病)の精神病者の顔写真6組をみせ,1組ずつの中から好きな顔(+),嫌いな顔(-)を2人ずつ選ばせ,その種類と(+)(-)の量的関係から性格傾向を把握しようとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

SNS疲れ

《SNS tired》ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)やメッセンジャーアプリなどでのコミュニケーションによる気疲れ。長時間の利用に伴う精神的・身体的疲労のほか、自身の発言に対する反応を過剰...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android