コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーヌ[川] ソーヌ

百科事典マイペディアの解説

ソーヌ[川]【ソーヌ】

フランス東部,ローヌ川の支流。ドイツとの国境近いボージュ県に源を発し,南下してリヨンローヌ川に合流。全長480km。増水期がローヌ川と異なるため,リヨン下流のローヌ川の水量を常に平均化している。
→関連項目フランシュ・コンテフランス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ソーヌ[川]【La Saône】

フランス東部の川。ローヌ川最大の支流で全長482km。ボージュ山地南部に源を発し,ほぼ南西流しながらオニョン川,ドゥー川などを合わせてシャロン・シュル・ソーヌに達した後,流路を南に転じてリヨンでローヌ川と合流する。南流する部分は西側のマシフ・サントラルと東側のジュラ山脈に挟まれた幅の広い地溝であり,ソーヌ川沿いの平野ではトウモロコシの栽培が盛んである。西側には1000m内外の標高をもつマコネボージョレの山地が続き,ブルゴーニュ・ワインの特産地として名高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ソーヌ[川]の関連キーワードシャロン・シュル・ソーヌマシフ・サントラルローヌ[川]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android