コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸水路 ないりくすいろinland waterway

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内陸水路
ないりくすいろ
inland waterway

河川,運河,湖水などで船舶の航行ができるように整備された水路。一般に外洋船舶の通航が可能である水路と,はしけなど内陸水路専用船だけの水路に大別される。ヨーロッパやアメリカでは,はしけ用内陸水路網が発達していて,工業地帯の重要な交通路を形成した。日本の内陸水路は近世の交通に貢献するところが大きかったが,地形や水量の制約によって輸送単位が小さく,大部分は鉄道の普及後消え去った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

内陸水路の関連キーワードサンティー=ウォーターリー=カトーバ川水系シュロップシャー・ユニオン運河シカゴ・サニタリ・シップ運河アムステルダム・ライン運河クイーンシャーロット湾サウス・ヨークシャーセント・ローレンス川ローヌ・ライン運河エイヤーワディ管区エリザベスシティーボルガ・バルト水路ボルガ・ドン運河バーミンガム運河スヘルデ[川]ハドソン[川]カレリア共和国生物多様性条約内陸工業地域アントワープはしけ運送業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android