コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内陸水路 ないりくすいろinland waterway

1件 の用語解説(内陸水路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内陸水路
ないりくすいろ
inland waterway

河川,運河,湖水などで船舶の航行ができるように整備された水路。一般に外洋船舶の通航が可能である水路と,はしけなど内陸水路専用船だけの水路に大別される。ヨーロッパアメリカでは,はしけ用内陸水路網が発達していて,工業地帯の重要な交通路を形成した。日本の内陸水路は近世の交通に貢献するところが大きかったが,地形や水量の制約によって輸送単位が小さく,大部分は鉄道の普及後消え去った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内陸水路の関連情報