コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ソーハーグ Sohag

世界大百科事典 第2版の解説

ソーハーグ【Sohag】

エジプト中部,ナイル川西岸の都市。人口15万6000(1992)。アラビア語で正しくはスーハージュSūhāj。古代にはパオとよばれ,コプト教徒の最大拠点としてコプト教会が多い。対岸にはミン神信仰の地アフミームAkhmīm(アクミム)がある。水の便が良く商業中継都市として発展し,織物業が盛んである。近くにオシリス神信仰の地として有名なアビドス遺跡のある町バリアナがある。【吉村 作治】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android