コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾナラス Zōnaras, Iōannēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾナラス
Zōnaras, Iōannēs

12世紀頃のビザンチンの歴史家。宮廷の官房官であったが,のち修道士となり,マルマラ海の小島ハギア・グリュケリアにおいて,天地創造から 1118年までを扱った年代記『歴史梗概』 Epitomē historiōnを著述。これは同種のビザンチン帝国年代記のなかで第一級のものである。 14世紀には古代スラブ語,ルネサンス時代にはラテン語,フランス語,イタリア語にも翻訳された。また難解語の辞書『さまざまな書物からの語彙集成』 Synagōgē lexeōn syllegeisa ek diaphorōn bibliōnを著わしたほか,教会法の権威として,聖使徒規則,教父規則,公会議規則の注釈解説を残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android