コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾナラス ゾナラスZōnaras, Iōannēs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾナラス
Zōnaras, Iōannēs

12世紀頃のビザンチンの歴史家。宮廷の官房官であったが,のち修道士となり,マルマラ海の小島ハギア・グリュケリアにおいて,天地創造から 1118年までを扱った年代記『歴史梗概』 Epitomē historiōnを著述。これは同種のビザンチン帝国年代記のなかで第一級のものである。 14世紀には古代スラブ語,ルネサンス時代にはラテン語,フランス語,イタリア語にも翻訳された。また難解語の辞書『さまざまな書物からの語彙集成』 Synagōgē lexeōn syllegeisa ek diaphorōn bibliōnを著わしたほか,教会法の権威として,聖使徒規則,教父規則,公会議規則の注釈解説を残した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android