コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゾーリン Zorin, Valerian Aleksandrovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゾーリン
Zorin, Valerian Aleksandrovich

[生]1902.1.13. ノボチェルカスク
[没]1986.1.14.
ソ連の外交官。 1922年共産党に入り,32年まで共産主義青年同盟で活動,35年に共産主義教育高等専門学校を卒業。 39年外務省に入り,41年官房長補佐,42年外務人民委員補佐代理,43年欧州第四局長,45年チェコスロバキア駐在大使,47年外務次官,55年西ドイツ駐在大使,56年外務次官,65~71年フランス駐在大使。その間,52~53年国連安保理事会常任代表,58年国連特別総会首席代表,60~62年国連常任代表をつとめたほか,57年の国連軍縮小委員会,60年のジュネーブ 10ヵ国軍縮委員会,62年以降の 18ヵ国軍縮委員会などのソ連代表として軍備全廃や核実験禁止に関する交渉を行なった。 61年党中央委員。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ゾーリンの関連キーワード軍縮交渉のための合意された原則についての共同声明メラー・ファン・デン・ブルックルートヴィヒ ヘルシャーローター ツァグロセクウォルター シェールE.O. ベックマンアドルフ アイヒマン関とゾーリンゲングメーリーンクラウベルクアイヒマンベックマンドイツ統一ハーゲンシェールバウシュウォルフランゲリッセ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android