タアッバタ・シャッラン(読み)たあっばたしゃっらん(英語表記)Ta'abbata Sharran

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タアッバタ・シャッラン
たあっばたしゃっらん
Ta'abbaa Sharran
(?―530ころ)

イスラム以前の古代アラビアの勇壮詩人。名前は「小腋(こわき)に悪をもつ男」の意で、あだ名。作品はアブー・タムマームの『勇壮』詩集(9世紀)のなかにあり、古代アラブ武士道の理想像を高らかに歌い上げ、剛勇、忍耐、独立、自由、復讐(ふくしゅう)などを美徳としてたたえている。有名な「復讐の詩」に感銘を受けたゲーテは、これを彼の『西東詩集』のなかに取り入れている。[内記良一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android