コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西東詩集 せいとうししゅう

百科事典マイペディアの解説

西東詩集【せいとうししゅう】

ゲーテの詩集。1819年作。恋や酒や人生智を歌う13巻からなる。14世紀ペルシアハーフィズの詩のドイツ語訳の感銘と,ラインに旅して若い人妻との間に燃えた恋との結晶で,作者が東洋詩人に扮してズライカと相聞歌をかわす〈ズライカの巻〉は特に有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

せいとうししゅう〔セイトウシシフ〕【西東詩集】

《原題、〈ドイツ〉West-östlicher Divanゲーテの詩集。1819年刊。14世紀ペルシアの詩人ハーフィズの作品から受けた感銘と、年下の恋人マリアンネとの恋愛の結晶ともいうべき晩年の代表作。マリアンネによる作品も部分的に収めた相聞歌の巻「ズライカの書」が有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいとうししゅう【西東詩集 West‐östlicher Divan】

ゲーテの晩年の詩集。1819年刊。〈うたびとの書〉〈ハーフィズの書〉〈愛の書〉など12の書から成る。〈西東詩集のよりよき理解のために〉,ゲーテはみずから〈注解と論考〉という大きな論文を添えた。彼は1772年23歳のときに,すでにコーランのドイツ語訳を読み,賛歌〈マホメットの歌〉(1773)を未完の劇詩のために書いたり,99年にボルテールの戯曲《マホメット》を翻訳したりしていたが,1814年にペルシアの詩人ハーフィズのハンマー・プルクシュタル訳を読んだことから詩想をかきたてられ,同じ頃に知り合ったマリアンネ・ウィレマーに対する愛から,相聞歌のかたちで多くの詩を書いた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

西東詩集の関連キーワードタアッバタ・シャッランゲーテ(年譜)井上 正蔵

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android