タイトル戦(読み)たいとるせん

知恵蔵の解説

公式棋戦のうちタイトル保持者と挑戦者が5番勝負、7番勝負などでタイトルを争うもの。名人竜王王将棋聖王位王座棋王を7タイトルと呼ぶ。1996年、羽生善治が全冠制覇。

(村上耕司 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タイトル戦の関連情報