対局(読み)タイキョク

大辞林 第三版の解説

スル
将棋・碁などで、二人の棋士が対戦すること。 九段どうしが-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 二人で盤に相対して碁を打つこと、また、将棋をさすこと。
※閑耳目(1908)〈渋川玄耳〉無我夢中の奇趣「半日を費して十子を下し、旬日を閲(けみ)して一局を畢らぬ、といふ高手(うちて)の対局(タイキョク)に至っては」 〔北史‐魏収伝〕
② 時局に対すること。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

対局の関連情報