タインマス(英語表記)Tynemouth

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

タインマス
たいんます
Tynemouth

イギリス、イングランド北東部にあるユニタリー・オーソリティーUnitary Authority(一層制地方自治体)の港湾都市。1974~86年はタイン・アンド・ウェア県に属した。人口2万0716(1991)。タイン川の河口に位置し、北海に面する。石炭の積出し港として発展し、造船業、船舶修理業、北海漁業の中心地となっている。海浜保養地としても知られる。北海を見下ろす海食崖(がい)の上に、11世紀の修道院および14世紀の城の遺跡がある。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android