コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タカネキンポウゲ(高嶺金鳳花) タカネキンポウゲRanunculus shinanoalpinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タカネキンポウゲ(高嶺金鳳花)
タカネキンポウゲ
Ranunculus shinanoalpinus

キンポウゲ科の多年草で,本州中部の白馬山系の高山にたまにみられる。高山帯の湿ったがれ地に生え,高さ 10cm内外で,全体が平滑である。根生葉円形または広卵形で,縁に浅い切れ込みがある。8月頃,茎の先に径 1.5cmほどの黄色の5弁花を上向きに開く。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

タカネキンポウゲ(高嶺金鳳花)の関連キーワードキンポウゲ科

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android