コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タギング たぎんぐtagging

知恵蔵miniの解説

タギング

スプレーやペンキなどを使い、街の壁などに描かれた落書きの一種。落書きを描いた者ないしはグループの名前やサインを描いたものが多く、自分ないしはグループを誇示することを目的に描かれる。街をキャンバスとして作品を作る芸術であるストリートアートの一つとして認識されているが、ストリートアートを容認する適切な場所に描かれたもの以外は違法行為とされ、建造物損壊などの罪に問われる。2014年9月1日、大阪・ミナミの繁華街で、このタギングと呼ばれる落書きをエレベーターやビルの壁などに描いたとして、30歳の無職の男が建造物損壊などの罪に問われ逮捕・起訴された。芸術性のあるストリートアートとは異なり、判読できないサインのようなものがほとんどで、景観を損なうとして住民などから被害の届け出が相次いでいた。

(2014-9-3)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

タギング(tagging)

データファイルウェブサイトの情報に、タグと呼ばれる短いフレーズや単語を付与すること。情報の属性や内容を表すタグを付与することにより、検索や整理が容易になるという利点がある。
グラフィティアートのこと。特に、描いた本人やグループ名・シンボルマークなどをアピールしたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

タギング【tagging】

札を付けること。特に、万引き防止などのために、レジを通過しないと警報を発するタグを付けること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タギングの関連キーワードタグクラウドレジ警報