コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タゲス Tages

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タゲス
Tages

予言術を創始したとされるエトルリア神話の人物。農民が畑を耕している最中に,土塊が持上がってその中から童児の姿で誕生し,この不思議を聞きつけ集った人々に,将来を予言し,犠牲獣の肝臓などによって吉凶を占う方法を教えて,古代ローマにも取入れられた腸卜術など,エトルリア起源の占術の創始者となったという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のタゲスの言及

【マリゴールド】より

…その好日性を利用して,イギリスではその日の天気を占う風習があった。そのほかこの花は恋占いにも広く用いられ,属名も,前兆による予言術をエトルリア人に教えた神タゲスTagesにちなんで付けられた。花言葉は〈悲哀〉。…

※「タゲス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

タゲスの関連キーワードスレイマン スターリスキーラスル ガムザートフアイール山地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android