コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッチタイピング タッチ タイピング

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

タッチタイピング

キーボードを見ずにキーを入力すること。原稿や画面だけを見てキーを打てるので、入力が速く疲れにくい。キーボードには、タッチタイピングをしやすくするために、キーを見なくても手触りでキーの位置がわかるように、人差し指の触れるFF]キーと[JF]キーと[J]キーに突起が付いている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

タッチタイピング

キーボードを見ないで文字を入力する「技」です。ブラインドタッチともいいますが、「ブラインド」に好ましくない意味を感じる人もいるため、通常はタッチタイピングといいます。
⇨ホームポジション

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

IT用語がわかる辞典の解説

タッチタイピング【touch typing】

コンピューターやタイプライターのキーボードなどで、手元を見ずに正しく文字を入力すること。◇「タッチタイプ」ともいう。1990年代半ばまで「ブラインドタッチ」という和製語を用いることが多かったが、「タッチタイピング」が定着しつつある。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

タッチタイピング【touch-typing】

キーボードのキーを見ずにタイプすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

タッチタイピングの関連キーワードタイピング練習ソフトブラインド入力コンピューターローマ字入力キートップ小磯聡一朗パソコン萌木七海村中良丞加藤光大辻百合恵

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android