コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッチフットボール

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タッチフットボール

楕円(だえん)のボールを使い、基本ルールはアメフットと同じ。タックルはできず、両手で相手に触れて攻撃を止める。ボールを持った選手タッチされたり、ボールが地面に触れたりすると1プレーが終わる。1チーム6人。選手たちはプレー開始前に戦術を打ち合わせることができ、チームワークと作戦が重要になる。

(2017-04-12 朝日新聞 朝刊 兵庫全県・2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

タッチ‐フットボール(touch football)

アメリカンフットボールの危険度を減らした競技。タックルの代わりに両手でボールを持ったプレーヤーにタッチする。1チーム11名編成。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

タッチフットボール【touch football】

アメリカン-フットボールを簡易化した球技。タックルの代わりにタッチによって、ボールを持った選手の前進をはばむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タッチフットボール

フットボール」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タッチフットボールの関連キーワードアメリカン・フットボールアメリカンフットボールタッチラグビータグラグビーアメリカンくまきもえ楕円球技前進

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

タッチフットボールの関連情報