コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タッチフットボール

4件 の用語解説(タッチフットボールの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

タッチフットボール

攻撃側が4回の攻撃で10ヤード進めなかったら攻守交代するなど、基本ルールアメリカンフットボールと同じ。タックルなど激しい接触を禁止し、防具はつけず、安全にプレーできるようにした。ボール保持者の肩から腰までの部分に両手でタッチをすればタックル代わりとなり、相手の攻撃を止められる。6人制。フィールドアメフトより狭い80ヤード×40ヤード。1クオーターは8分で、4クオーターで得点を争う。

(2015-10-04 朝日新聞 朝刊 神戸・1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

デジタル大辞泉の解説

タッチ‐フットボール(touch football)

アメリカンフットボールの危険度を減らした競技。タックルの代わりに両手でボールを持ったプレーヤーにタッチする。1チーム11名編成。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

タッチフットボール【touch football】

アメリカン-フットボールを簡易化した球技。タックルの代わりにタッチによって、ボールを持った選手の前進をはばむ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

タッチフットボールの関連情報