停止(読み)チョウジ

  • ▽停止
  • ちょうじ チャウ‥
  • ちょうじ〔チヤウ〕
  • ていし

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)さしとめること。ていし。
「公請(くじゃう)を―し、所職を没収せらる」〈平家・六〉
[名](スル)
動いていたものが途中で止まること。また、止めること。「心臓の鼓動が停止する」「車を停止する」
していたことを一時やめること。また、差し止めること。「作業を停止する」「営業停止処分」
骨格筋の端が骨などに付着する場所で、体の中心から遠い方、またはその筋肉が収縮したときに大きく動く方をいう。また、筋肉がそこからもう一方の端に向かって伸びていること。「大腰筋は大腿骨停止する」→起始

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
ちょうは呉音
さしとめること。ていし。 天台座主明雲大僧上公請くじようを-せらるるうへ/平家 2
スル
動いていたものがとまること。また、とめること。 -信号 心臓が-する
していたことをやめること。また、やめさせること。 拝観- 貸し出しを-する

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ちょう」は「停」の呉音) さしとめること。やめさせること。特に、貴人の死を悼(いた)み、歌舞・音曲・華美なことを差し止めること。ごちょうじ。ていし。
※延喜式(927)一一「凡諸国一分已上遙授兼任之輩、遷任地国并京官者、早下官符、停止本任
※高野本平家(13C前)二「天台座主明雲大僧正、公請を停止(チャウジ)せらるる上」 〔南史‐梁武帝紀上〕
〘名〙
① 動いているもの、それまで続いてきたものがとまること。また、とめること。中途でとまる、または、やめること。〔音訓新聞字引(1876)〕
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉二二「十羽ばかりの雁が緩やかに往来している。中には停止して動かぬものもある」
② 禁止すること。さしとめること。ちょうじ。〔仏和法律字彙(1886)〕
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「平民新聞発行停止」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

停止の関連情報