コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニギキョウ(谷桔梗) タニギキョウPeracarpa carnosa var. circaeoides

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニギキョウ(谷桔梗)
タニギキョウ
Peracarpa carnosa var. circaeoides

キキョウ科の小型の多年草。アジア東部の温帯から冷温帯にかけて広く分布する。日本各地の山地木陰に生える。地下茎は白色の糸状で細長く分枝し,先は立上がり高さ 10cmほどの地上茎となる。径1~2cmの卵円形の葉がまばらに互生する。春から夏に,茎の先端から長い花柄を伸ばし長さ数 mmの白色鐘形の小花を単生する。花冠は深く5裂して一見星形にみえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

タニギキョウ【タニギキョウ(谷桔梗) Peracarpa carnosa (Wall.) Hook.f.et Thoms.var.circaeoides (Fr.Schm.) Makino】

キキョウ科の小型の多年草(イラスト)。林下や谷筋などの半日陰で湿った場所にふつうに生える。中国・ヒマラヤ系の植物で,日本全土のほか中国にも分布し,ヒマラヤにはこれによく似たヒマラヤタニギキョウvar.carnosaがある。地下茎は白く,細くてよく分枝し,株をつくる。地上茎は高さ5~15cm,葉は枝ごとに数枚ずつつき,卵円形で長さ8~25mm,幅5~20mm,先はとがらない。花は長い柄の先に単生し,径約1cm,花冠は小さく,白色またはわずかに紅紫色をおび,長さ5~8mm,5深裂し,裂片は開出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

タニギキョウ(谷桔梗)の関連キーワードキキョウ科

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android