コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タニギキョウ(谷桔梗) タニギキョウ Peracarpa carnosa var. circaeoides

2件 の用語解説(タニギキョウ(谷桔梗)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タニギキョウ(谷桔梗)
タニギキョウ
Peracarpa carnosa var. circaeoides

キキョウ科の小型の多年草アジア東部の温帯から冷温帯にかけて広く分布する。日本各地の山地の木陰に生える。地下茎は白色の糸状で細長く分枝し,先は立上がり高さ 10cmほどの地上茎となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

タニギキョウ【タニギキョウ(谷桔梗) Peracarpa carnosa (Wall.) Hook.f.et Thoms.var.circaeoides (Fr.Schm.) Makino】

キキョウ科の小型の多年草(イラスト)。林下や谷筋などの半日陰で湿った場所にふつうに生える。中国・ヒマラヤ系の植物で,日本全土のほか中国にも分布し,ヒマラヤにはこれによく似たヒマラヤタニギキョウvar.carnosaがある。地下茎は白く,細くてよく分枝し,株をつくる。地上茎は高さ5~15cm,葉は枝ごとに数枚ずつつき,卵円形で長さ8~25mm,幅5~20mm,先はとがらない。花は長い柄の先に単生し,径約1cm,花冠は小さく,白色またはわずかに紅紫色をおび,長さ5~8mm,5深裂し,裂片は開出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タニギキョウ(谷桔梗)の関連キーワードキキョウ(桔梗)サワギキョウ(沢桔梗)ヒナギキョウ(雛桔梗)岩桔梗沢桔梗蕎麦菜谷桔梗雛桔梗蔓桔梗チシマギキョウ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone