コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キキョウ科 キキョウか Campanulaceae

2件 の用語解説(キキョウ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キキョウ科
キキョウか
Campanulaceae

双子葉植物キキョウ目の1科。南北両半球にわたって熱帯から温帯まで広い分布域をもち,北半球では周極地方や高山帯にまで分布する。 60~70属約 2000種が知られる。例外的に高木状の種もあるが,大半は多年草で小型。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キキョウ科
ききょうか
[学]Campanulaceae

双子葉植物、合弁花類。多くは多年草であるが、まれに木もある。葉は一般に単純で互生し、托葉(たくよう)はない。花は両性、多くは5数性で、花冠は鐘形または唇形。子房は大部分が下位で2~5室、多数の胚珠(はいしゅ)がある。日本に分布するものは、花冠が放射相称で葯(やく)は離生するキキョウ亜科と、左右相称で葯は合生するミゾカクシ亜科に分けられる。世界に約70属2000種があり、そのうち日本にはキキョウ属、ホタルブクロ属、ツリガネニンジン属など9属29種が分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キキョウ科の関連キーワード双子葉植物托葉単子葉植物ラン(蘭)主根極流合弁花類網状脈双子葉類ムシゴケ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キキョウ科の関連情報