コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマウリパス遺跡 タマウリパスいせきTamaulipas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タマウリパス遺跡
タマウリパスいせき
Tamaulipas

メキシコ北東部のタマウリパス山麓地帯にある洞窟遺跡。ここでは狩猟時代から農耕時代までの非常に長期にわたる (約前1万~後 500) 先史文化の推移が明らかにされ,また前 7000~2000年の間に,かぼちゃ,ひょうたん,豆,とうもろこしその他,食料用の植物が徐々に栽培されていった過程もわかり,新大陸農耕文化の発達を知るうえで重要な遺跡として注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android