コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマネギバエ onion fly

1件 の用語解説(タマネギバエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

タマネギバエ【onion fly】

双翅目ハナバエ科の昆虫。幼虫がタマネギラッキョウ,ニラ,ニンニクなどの茎に潜入して食害するので有名な農業害虫。ヨーロッパ北アメリカなど北半球に広く分布する。日本では北海道全域にふつうに見られる。本州,九州にも記録があるが,最近では近畿以西では発生していない。北海道では年に2~3回,他の地方では4回発生する。成虫は体長5~7mm,体は灰褐色である。さなぎで越冬し,春に羽化する。5月末ころから産卵を開始,卵は土中に産みつけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

タマネギバエの関連キーワードチョウバエヒメイエバエ寄生蠅刺蠅癭蠅肉蠅花虻実蠅蚤蠅羊蠅

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone