コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タマンウジュン Taman Ujung

デジタル大辞泉の解説

タマン‐ウジュン(Taman Ujung)

インドネシア南部、バリ島東部の町アムラプラの東約10キロメートルにある離宮。カランガスム王朝最後の王によって1921年に迎賓館および別荘として建造。ヨーロッパ風の建築様式を採り入れた水上の宮殿として知られたが、1970年代に地震の被害を受けた。2004年に整備されて史跡公園になった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android