コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タムルク Tamlūk

世界大百科事典 第2版の解説

タムルク【Tamlūk】

インド北東部,西ベンガル州南部の歴史的港市。人口2万2000(1971)。フーグリ川(15世紀までのガンガー(ガンジス)川本流)河口部に注ぐループナーラーヤナ川西岸に位置する。古名タームラリプティTāmralipti。前3世紀のマウリヤ朝以来12世紀まで,ガンガー川流域の門戸として栄えた。アショーカ王の王子マヒンダがスリランカに仏教伝道に出立した地と伝えられ,周辺からは1~3世紀のローマの遺物が出土している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

タムルクの関連キーワードガンジス・デルタ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android