コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タランチュラ岩 タランチュラがんtarantulite

岩石学辞典の解説

タランチュラ岩

石英に富むアラスカ岩アプライトである.石英は70%にも達し,正長石と少量の斜長石やマフィック鉱物を含む.アラスカ岩と火成源の石英脈の中間的な岩石[Johannsen : 1920].この名称はスプール[Spurr : 1906]がalaskite-quartzと名付けた岩石をヨハンセンが命名しなおしたものである.米国,ネヴァダ州南西部のタランチュラ(Tarantula)泉に因む.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

タランチュラ岩の関連キーワードアラスカ岩石英

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android