コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タラーク talāq

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タラーク
talāq

イスラム法上,最も一般的な離婚形式で,夫のみの有する離婚宣告権である。女は,これに続いて一定期間の「イダー」 idda (待婚期間) に入る。イダーには3回あり,前2回の期間内には,男はいつでも相手との関係を旧に復しうるし,期間後であっても,新規の婚姻契約を経て,旧に復することが許される。しかし第3回は絶対的で,いかなる形式によっても,旧の関係に復することは許されない。イダー期間中,女が分娩した子は男に属する。タラークは,禁止の傾向にあり,エジプト,チュニジアでは裁判離婚だけを認めている。裁判離婚は,当事者の双方に婚姻解消の目的をもって,契約の欠陥などを理由として,裁判官に判定を要求することで,妻が離婚を請求するのは,この方法によるのが古来一般に認められたところであり,その場合正当な理由として,夫の扶養怠慢,不治の病などが認められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タラークの関連キーワードアンジェイ ワイダ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android