コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タルタリアの解法 タルタリアのかいほうtertaglia's method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タルタリアの解法
タルタリアのかいほう
tertaglia's method

一般の3次方程式の (因数分解によらない) 形式的解法のことで,N.タルタリアが発見した (1541) ところからこの名がある。自分の発見を他学派の人々に秘密にしておくという当時の風潮から,タルタリアはこの解法を発表しなかったが,G.カルダーノの『アルス・マグナ』のなかに初めて記録されたので,カルダーノの解法とも呼ばれる。その後多くの学者によって本質的に同じ解法が,別の考えに基づき発見されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android