コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タンジュンカラン タンジュンカランTanjungkarang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

タンジュンカラン
Tanjungkarang

インドネシア,スマトラ島南端付近の港湾都市ランプン州の州都。スンダ海峡から入込むランプン湾の湾奥にある。川をへだてたタンジュンカランとトゥルクブトゥン Telukbetungが合併して成立。パレンバンからの鉄道および同島縦断道路の南端にあり,南部の主要港となっている。南東方にある外港のパンジャンが,対岸ジャワ島メラクフェリーで結ばれており,ジャカルタとの結びつきが強い。コショウコーヒー,ゴム,トウモロコシなどを船積みする。 1883年のクラカタウ火山の噴火で町は一時壊滅したが,近年は政府の推進する国内人口移住政策 (トランスミグラシ) の結果,人口は増加し,都市化も進んでいる。人口 28万 4275 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone