コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターゲット・マーケット target market

DBM用語辞典の解説

ターゲット・マーケット【target market】

ターゲットとは、標的、攻撃目標、到達目標、対象、的の意味で語源はフランス語(小さい円卓の意味)。特定のデモグラフィックライフスタイルの特徴、あるいは購買パターンをもつ消費者をターゲットという。ターゲット・マーケティングは、ターゲットしたマーケットに、直接行われる広告やプロモーション活動のこと。広告やマーケティングのコミュニケーションをターゲットするプロセスのことで、ダイレクトメールテレマーケティングはその典型である。ターゲットは、ジオグラフィック(購入あるいは使用場所)、デモグラフィック(年令、年収、職業)、そしてサイコグラフィック(購買動機、製品の使用レベル、ライフスタイル)を基準に定義される。ある製品を市場全体に売り込むよりは、むしろターゲット・マーケット・セグメントを選択する方が販促がより効果的になる。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティングDBM用語辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ターゲット・マーケットの関連情報