標的(読み)ひょうてき

精選版 日本国語大辞典「標的」の解説

ひょう‐てき ヘウ‥【標的】

〘名〙
① 弓や銃などのまと。また、目物をしめすめじるし。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 攻撃の目標。まと。また、比喩的にも用いる。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「その時分学生は天下注視の標的になってゐた」
③ 目標とするもの。模範とすべきもの。てほん。
※正法眼蔵(1231‐53)眼睛「これ茫然にあらず。業識独豎の標的なり」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉四「以て人民の由る可き標的を示す者なかる可らず」 〔晉書‐王彪之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「標的」の解説

ひょう‐てき〔ヘウ‐〕【標的】

射撃や弓術などに使うまと。
攻撃目標。ターゲット。「敵の標的になる」
手本・模範・目標とするもの。
「以て人民の由る可き―を示す者なかる可らず」〈福沢学問のすゝめ
[類語]目標目安目途方向対象矛先当たり目当て目的狙いターゲット

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「標的」の解説

標的

英国の作家ディック・フランシスのミステリー(1990)。原題《Longshot》。競馬界を舞台にしたシリーズの第29作。

標的

北方謙三の長編ハードボイルド小説。1987年刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通「標的」の解説

【標的】ひよう(へう)てき

まと。また、標準。・高誘〔呂氏春秋の〕然れども此の書の(たつと)ぶは、を以て標と爲し、無爲を以て綱紀と爲す。~孟軻・孫(淮南揚雄と相ひ表裏す。(ここ)を以て、してに在り。

字通「標」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「標的」の解説

標的
ひょうてき

ターゲット」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の標的の言及

【的】より

…的にはいろいろの種類があり,まず静止的と運動的とに大別される。静止的には標的,戦闘射撃的,落下的などの種類がある。標的は木製または厚紙製の平板で,たいていは白地の中央に黒円があり,その周囲に数個の同心円を描き,それぞれ点数が記してある。…

※「標的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android