標的(読み)ひょうてき

精選版 日本国語大辞典「標的」の解説

ひょう‐てき ヘウ‥【標的】

〘名〙
① 弓や銃などのまと。また、目物をしめすめじるし。〔五国対照兵語字書(1881)〕
② 攻撃の目標。まと。また、比喩的にも用いる。
※明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎〉明治時代の学生生活「その時分学生は天下注視の標的になってゐた」
③ 目標とするもの。模範とすべきもの。てほん。
※正法眼蔵(1231‐53)眼睛「これ茫然にあらず。業識独豎の標的なり」
※学問のすゝめ(1872‐76)〈福沢諭吉〉四「以て人民の由る可き標的を示す者なかる可らず」 〔晉書‐王彪之伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「標的」の解説

ひょう‐てき〔ヘウ‐〕【標的】

射撃や弓術などに使うまと。
攻撃目標。ターゲット。「敵の標的になる」
手本・模範・目標とするもの。
「以て人民の由る可き―を示す者なかる可らず」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の標的の言及

【的】より

…的にはいろいろの種類があり,まず静止的と運動的とに大別される。静止的には標的,戦闘射撃的,落下的などの種類がある。標的は木製または厚紙製の平板で,たいていは白地の中央に黒円があり,その周囲に数個の同心円を描き,それぞれ点数が記してある。…

※「標的」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android