コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターチン(大慶)油田 ターチンゆでんDaqing youtian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターチン(大慶)油田
ターチンゆでん
Daqing youtian

中国東北地方の黒竜江省南西部に位置する,中国最大の油田。ソビエト連邦の技術援助による探査で 1959年に発見された。中国とソ連の関係悪化に伴いソ連技術者が引き揚げると,中国石油工業部の管理のもと開発が行なわれ,翌 1960年に生産を開始した。操業は大慶油田分公司が担当。生産量は,1976年には日量 100万バーレルの水準に達したが,2000年前後から減退期に入っており,油層の圧力維持のため,油層への水圧入が行なわれている。1990年代以降,国際的な価格競争を背景に労働者の大量人員整理を含む合理化が進められ,2002年には大規模デモが発生した。また,2003年には大規模な天然ガス噴出事故に伴う労働災害が発生した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ターチン(大慶)油田の関連キーワードチンホワンタオ(秦皇島)特別市ハルビン(哈爾浜)特別市ティエリン(鉄嶺)特別市ターリエン(大連)特別市ションリー(勝利)油田リヤオシー(遼西)回廊中国石油天然ガス集団アンター(安達)市

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android