コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ターリー(大理)パイ(白)族自治州 ターリーパイぞくDali Baizu

1件 の用語解説(ターリー(大理)パイ(白)族自治州の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ターリー(大理)パイ(白)族〔自治州〕
ターリーパイぞく
Dali Baizu

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省西部のターリー (大理) 盆地を中心とする自治州。 1956年自治州となった。行政中心地のターリー市と8県,3自治県から成る。ホントワン (横断) 山脈とティエントン (滇東) 高原との境界部にあり,高山と盆地が交錯し,アルハイ (洱海) 湖,チエン (剣) 湖などがちりばめられている。メコン川の上流ランツァン (瀾滄) 江,チャン (長) 江の上流チンシャー (金沙) 江,ユワン (元) 河 (ホン川) の上流リーショー (礼社) 江が深い谷を刻む。盆地ではイネ,コムギ,トウモロコシ,ワタ,サトウキビを栽培し,クルミ,ナシなどの果物が有名。アルハイ湖は漁業が盛んでコン (弓) 魚を特産する。地下資源には鉄,石炭,岩塩,鉛,水銀のほか特産の大理石がある。ターリー市を中心に機械,自動車組立て,製糖,製塩,粉ミルクなどの工場があり,北部のホーチン (鶴慶) 県には近代的な製糖工場がある。住民はパイ族のほか漢族,イ族,ホイ族,リス族,ミヤオ族,タイ族など。人口 300万 1770 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone