ダイコンドラ

百科事典マイペディアの解説

ダイコンドラ

ヒルガオ科の一属。小型の多年草で,熱帯・亜熱帯に教種が分布している。日本でも南西部にアオイゴケが自生しており,匍匐(ほふく)茎をのばしよく分枝して地表をおおうので芝生代りに栽培される。無霜地帯では常緑。葉は長い柄があり,径1.5〜3cmの腎臓形。花はごく小さく,目立たない。種子をまくか,切りばりでふやす。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のダイコンドラの言及

【アオイゴケ】より

…解熱,黄疸などに使うという。また地面をはい,密におおうので,暖地の花壇などのグランドカバー植物として変種ダイコンドラvar.carolinensis Chois.が利用される。【堀田 満】。…

※「ダイコンドラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android