コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダグラスモミ Pseudotsuga taxifolia; Douglasfir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダグラスモミ
Pseudotsuga taxifolia; Douglasfir

マツ科の常緑針葉大高木で,北アメリカの太平洋岸の諸州,北部メキシコに分布する。オレゴンパインともいう。幹は高さ 60~100mにも達し,径は 4mをこえることもあり,セコイアオスギとともに最も巨大な樹木としてよく知られる。樹形はピラミッド状,樹皮は暗赤褐色で非常に厚く老木になると深く縦裂する。針葉は水平に開出し,長さ約 3cm。切るとリンゴのような香気がある。雄花は橙黄色,雌花は紫色を帯びる。球果は卵形で長さ 10cmぐらい。北アメリカで最も重要な林業材であり,日本には関東大震災 (1923) 以後,ベイマツ (米松) の名で多量に輸入され,大きな木造建築に使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ダグラスモミの関連キーワードブリティッシュ・コロンビアブリティシュコロンビア州クレーターレーク国立公園トガサワラ(栂椹)アメリカトガサワラオリンピック山地アメリカクロクマクラマス山脈ワシントン州ブルー山脈オレゴン州マツ科クマ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android