ダルジャンソン(英語表記)René Louis de Voyer,marquis d’Argenson

世界大百科事典 第2版「ダルジャンソン」の解説

ダルジャンソン【René Louis de Voyer,marquis d’Argenson】

1694‐1757
フランスの政治家。国璽尚書を父として生まれ,ルイ・ル・グラン校ではボルテールと同級で生涯にわたる親交を結んだ。若くして政界入りを果たし,1720年には国務院評定官に任命される。33年に碑銘アカデミー名誉会員となり,また〈中二階クラブ〉存続中はもっとも熱心な常連で,彼の代表作《フランス政体論》(1764)は同クラブで構想されたものである。オーストリア継承戦争下の44年外務大臣となり,反オーストリア政策を推進した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android