常連(読み)じょうれん

精選版 日本国語大辞典「常連」の解説

じょう‐れん ジャウ‥【常連・定ヂャウ連】

〘名〙
① いつも一緒に行動する仲間。
※歌舞伎・神有月色世話事(縁結び)(1862)「おやそこへ来なすったのは、定連の綱さんぢゃあござりませぬか」
② ある場所にいつも集まっている人。特に、興行場酒場などでいつも来るなじみの客。常客
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉二「まいばんぐんだんのせきにせめかけぢゃうれんのうちに入り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「常連」の解説

じょう‐れん〔ジヤウ‐|ヂヤウ‐〕【常連/定連】

その興行場・遊戯場・飲食店などに、いつも来る客。常客。「画廊常連となる」
いつも連れだって一緒に行動する仲間。「常連と応援に出かける」
[類語](1得意顧客常客馴染み上得意常得意上客/(2仲間同輩朋輩ほうばい同僚同志同人メート同士一味一派徒党味方翰林盟友同腹相手友達友人ペンフレンドペンパル朋友友垣酒徒茶飲み友達ルームメート畏友知友知音親友心友仲良し良友悪友戦友校友同窓生学友同級生級友クラスメート同窓同期同期生同期の桜社友僚友寮友政友詩友亡友

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android