コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダレー Claude Charles Dallet

世界大百科事典 第2版の解説

ダレー【Claude Charles Dallet】

1829‐78
フランスパリ外国宣教会士。1852年に同会の神学校を卒業後,アメリカ,カナダ等で布教。のちパリで71年から翌年にかけて《朝鮮基督教史》(全2巻,1874刊)を執筆した。この書は,朝鮮の丙寅教獄(1866)で殉教した同会所属の神父ダブリュイM.A.N.Daveluy(漢名は安敦伊)が収集し,パリの同会本部に送付していた資料に依拠したもので,朝鮮キリスト教史の基本文献となっている(序論は《朝鮮事情》の題で邦訳がある)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ダレーの関連キーワードピウス8世ユゴーギリシャ独立戦争エンデオズーフ土岐貞範ブースプチジャンポンペリギンズ

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダレーの関連情報