コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダレー Claude Charles Dallet

世界大百科事典 第2版の解説

ダレー【Claude Charles Dallet】

1829‐78
フランスのパリ外国宣教会士。1852年に同会の神学校を卒業後,アメリカ,カナダ等で布教。のちパリで71年から翌年にかけて《朝鮮基督教史》(全2巻,1874刊)を執筆した。この書は,朝鮮の丙寅教獄(1866)で殉教した同会所属の神父ダブリュイM.A.N.Daveluy(漢名は安敦伊)が収集し,パリの同会本部に送付していた資料に依拠したもので,朝鮮キリスト教史の基本文献となっている(序論は《朝鮮事情》の題で邦訳がある)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ダレーの関連キーワードライン・テイ・カウン・ティンアルコスデラフロンテラチャウットージーパゴダマンダレーの大理石工房ゼェジョーマーケットエインドーヤーパゴダラマッダレーナ諸島シュエナンドー僧院カウンムードパゴダコンシダレーションシェナンドー僧院ピンウールウィンクドードーパゴダサガイン[管区]マッダレーナ諸島サンダムニパゴダバゴー[山脈]アニサガンの滝マンダレーヒルマンダレー丘陵

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android