序論(読み)じょろん

精選版 日本国語大辞典「序論」の解説

じょ‐ろん【序論】

〘名〙 研究論文などで、前おきとして初めに述べる概括的な論説。緒論叙論
※国語のため(1895)〈上田万年〉言語学者としての新井白石「今私が東雅論の中で、白石のおもな意見を箇条だてしてお話しますれば」 〔陳書‐姚察伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「序論」の解説

【序論】じよろん

前おきとする論述。〔宋書伝〕(獄中諸甥姪に与ふる書)(われ)傳論を雜(まじ)ふるは、皆深旨り。~循以下び六夷の序論に至りては、筆勢縱放にして、實に天下の奇作なり。其の中合するは、賈誼)に減ぜず。

字通「序」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android