コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンダラカマイルカ Lagenorhynchus cruciger; hourglass dolphin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンダラカマイルカ
Lagenorhynchus cruciger; hourglass dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カマイルカ属。スナドケイイルカとも呼ばれる。計測例がわずかであり,体長は雄約 1.6m,雌約 1.8mという記録があるのみ。出生体長は推定 1m程度。体色は白色を呈する腹部を除き,ほぼ全身黒色。眼後方から尾柄部にかけて,体側に大きな白斑がある。この班は中央の幅が狭く砂時計の形に似ており,本種の特徴となっている。体型は紡錘形で太く短い。噴気孔は1個で頭部正中線上にある。嘴 (くちばし) は短く小さいが,前頭部との境は明瞭。尾柄部は尾鰭 (おびれ) に向い急に細くなり,上下のキール (稜状の隆起) は著しい。背鰭は体の中央に位置し,かなり高く,鎌状で後方へ傾く。上下顎骨に左右 28対程度の小さく鋭い円錐歯が並ぶ。通常1~6頭程度で行動するが,まれに 40頭以上の群れをなす。非常に活発に行動し,高速で泳ぎ,船首波や横波に乗るが,水面をとびはねることはほとんどない。小型魚類を捕食すると考えられている。南半球の高緯度海域に周極分布し,南限は氷縁付近であるが,北限は不明。大洋域に生息するが,島周辺や水深 200m以浅の海域に出現することもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android