コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起 りゅうき uplift

翻訳|uplift

4件 の用語解説(隆起の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起
りゅうき
uplift

海面に対して土地が高度を増大する現象。土地が湾曲しながら隆起することを曲隆と呼ぶ。陸地が隆起すると浸食基準面 (海面) との比高が増大するので,一般に浸食作用が強くなる。土地が間欠的に隆起すると,隆起の回数に応じて河岸段丘海岸段丘ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐き【隆起】

[名](スル)
ある部分が高く盛り上がること。「豊かな胸の隆起
陸地が周囲、特に海水面に対して相対的に上昇すること。「海底が隆起してできた島」
物事の勢いの高まること。また、勢いを高めること。
「我が鉱山は未だ較著の事業を―すに足れりというを得ず」〈雪嶺真善美日本人

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りゅうき【隆起】

( 名 ) スル
高くもりあがること。 「筋肉が-している」
地殻の一部が相対的に高くなること。 ↔ 沈降

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隆起
りゅうき

ある地域の地層、岩体や地盤が周辺に対して相対的または絶対的に上昇すること。海水面に対して上昇することをさすときもある。規模や成因を問わず用いられる。なお、隆起に対する語として沈降がある。[伊藤谷生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の隆起の言及

【地震災害】より

…日本の例では,濃尾地震(1891)における根尾谷断層が特に有名で,垂直方向のずれは6mにも達した。(2)隆起・沈降 上下方向に生じる地盤の変位である。(3)地すべり,山崩れ,崖崩れ,山津波 地盤が徐々に崩れる現象が地すべりである。…

※「隆起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

隆起の関連キーワード中高凸起土墳もっこり御高盛高盛盛上げ盛砂大盛り

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隆起の関連情報