コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起 りゅうきuplift

翻訳|uplift

4件 の用語解説(隆起の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起
りゅうき
uplift

海面に対して土地が高度を増大する現象。土地が湾曲しながら隆起することを曲隆と呼ぶ。陸地が隆起すると浸食基準面 (海面) との比高が増大するので,一般に浸食作用が強くなる。土地が間欠的に隆起すると,隆起の回数に応じて河岸段丘海岸段丘ができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐き【隆起】

[名](スル)
ある部分が高く盛り上がること。「豊かな胸の隆起
陸地が周囲、特に海水面に対して相対的に上昇すること。「海底が隆起してできた島」
物事の勢いの高まること。また、勢いを高めること。
「我が鉱山は未だ較著の事業を―すに足れりというを得ず」〈雪嶺真善美日本人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうき【隆起】

( 名 ) スル
高くもりあがること。 「筋肉が-している」
地殻の一部が相対的に高くなること。 ↔ 沈降

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隆起
りゅうき

ある地域の地層、岩体や地盤が周辺に対して相対的または絶対的に上昇すること。海水面に対して上昇することをさすときもある。規模や成因を問わず用いられる。なお、隆起に対する語として沈降がある。[伊藤谷生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の隆起の言及

【地震災害】より

…日本の例では,濃尾地震(1891)における根尾谷断層が特に有名で,垂直方向のずれは6mにも達した。(2)隆起・沈降 上下方向に生じる地盤の変位である。(3)地すべり,山崩れ,崖崩れ,山津波 地盤が徐々に崩れる現象が地すべりである。…

※「隆起」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

隆起の関連情報