コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンノーター城 ダンノーターじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

ダンノーターじょう【ダンノーター城】

イギリスのスコットランド東北部アバディーン(Aberdeen)の南、ストーンヘブン(Stoneheaven)の町の郊外およそ4kmにある古城。アバディーンから車で40分ほどの距離にある。現在は廃墟となっていて、北海に突き出た三方が断崖絶壁の岬に建っている。兵舎、厩舎(きゅうしゃ)、礼拝堂跡なども残っている。この城が建設されたのは12世紀ごろである。イングランド王エドワード1世の侵略に抵抗したスコットランドの愛国戦士ウィリアム・ウォレス(William Wallace、1270~1305年)や、スコットランドのメアリー女王も滞在したことがあるという、難攻不落の城塞である。清教徒革命後の1650年、オリバー・クロムウェル(Oliver Cromwell、1599~1658年)がスコットランドに侵攻した際に戦いの舞台の一つとなった。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android