コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンノーター城 ダンノーターじょう

1件 の用語解説(ダンノーター城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ダンノーターじょう【ダンノーター城】

イギリスのスコットランド東北部アバディーン(Aberdeen)の南、ストーンヘブン(Stoneheaven)の町の郊外およそ4kmにある古城。アバディーンから車で40分ほどの距離にある。現在は廃墟となっていて、北海に突き出た三方が断崖絶壁の岬に建っている。兵舎、厩舎(きゅうしゃ)、礼拝堂跡なども残っている。この城が建設されたのは12世紀ごろである。イングランドエドワード1世の侵略に抵抗したスコットランドの愛国戦士ウィリアム・ウォレス(William Wallace、1270~1305年)や、スコットランドのメアリー女王も滞在したことがあるという、難攻不落の城塞である。清教徒革命後の1650年、オリバークロムウェルOliver Cromwell、1599~1658年)がスコットランドに侵攻した際に戦いの舞台の一つとなった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンノーター城の関連キーワードアバディーンスコットランドヤード蘇格蘭エコセーズオールドアバディーンスコットランド室内管弦楽団アバケーンスコットランド風ダンディーケーキ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone