厩舎(読み)キュウシャ

  • ×厩舎
  • きゅうしゃ〔キウ〕

世界大百科事典内の厩舎の言及

【畜舎】より

…したがって,当時は畜舎というよりもむしろ牛小屋,馬小屋などと呼ぶにふさわしいものであった。また,ウマが中心に飼われていたので厩舎(きゆうしや)とも呼ばれた。しかしながら第2次大戦後,乳,肉,卵などの生産物を得るための用畜の飼育が盛んになり,さらに1960年ころからは農業基本法や高度経済成長の影響で急速にウシ,ブタ,ニワトリなどの飼育頭羽数が増加し,規模拡大が進展した。…

※「厩舎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

厩舎の関連情報