チェナーブ[川](英語表記)Chenāb

  • チェナーブ

世界大百科事典 第2版の解説

パキスタン北部,パンジャーブ五河の一つ。全長1215km。パンジャーブ・ヒマラヤ山脈中に発してほぼ南流し,パンジャーブ平原に流下してから南西流する。ジェラム川,ラービー川を合わせたのち,さらにサトレジ川と合流してパンジナード川となり,やがてインダス川に合流する。1892年には下チェナーブ用水路,1912年には上チェナーブ用水路が建設され,おのおの西岸のカーンキとマララ頭首工をもつ。両用水路はチェナーブ川とラービー川とに囲まれたレチュナ・ドアーブ一帯を灌漑する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android