コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェナーブ[川] Chenāb

世界大百科事典 第2版の解説

チェナーブ[川]【Chenāb】

パキスタン北部,パンジャーブ五河の一つ。全長1215km。パンジャーブ・ヒマラヤ山脈中に発してほぼ南流し,パンジャーブ平原に流下してから南西流する。ジェラム川,ラービー川を合わせたのち,さらにサトレジ川と合流してパンジナード川となり,やがてインダス川に合流する。1892年には下チェナーブ用水路,1912年には上チェナーブ用水路が建設され,おのおの西岸のカーンキとマララに頭首工をもつ。両用水路はチェナーブ川とラービー川とに囲まれたレチュナ・ドアーブ一帯を灌漑する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android