頭首工(読み)とうしゅこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「頭首工」の解説

頭首工
とうしゅこう

河川湖沼から用水水路に引き入れるための施設。通常、取り入れ口、取水堰(ぜき)、付帯施設および管理施設より構成されるが、取水条件が良好な場合には、取水堰を設けない場合もある。取水堰の形式は、ゲートの有無により、固定堰と可動堰(土砂吐、洪水吐)に分けられ、付帯施設には、沈砂池、魚道、舟通し、放水路などが、また、管理施設には操作室や管理橋などがある。これらの設計にあたっては「河川管理施設等構造令」の制約を受ける。

[久保成隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「頭首工」の解説

頭首工
とうしゅこう
head works

湖沼,河川などから,用水を取入れる農業水利施設の総称。おもに取水堰と取入れ口 (取水口) から成る。取水堰は,用水取入れに必要な水位を確保するためのもので,土砂吐き,魚道,流木路,いかだ道などをつける。また取入れ口はむだなく計画水量が取水できるような形状配置が必要で,ちりよけ格子,土砂吐き,沈砂池などを設け,流量調整のための制水門をつける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「頭首工」の解説

とうしゅ‐こう【頭首工】

〘名〙 河川や湖沼から用水を水路に引き入れるための施設。取り入れ口、取水堰(ぜき)からなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「頭首工」の解説

とうしゅこう【頭首工】

河川などから農業用水を用水路へ引き入れるための施設の総称。用水路の頭首に設置される工作物であることからこの名称が用いられる。通常,取水ぜき取入口から構成されている。灌漑地区へ送水するのに必要な水量と水位を取入口で安定して確保できるよう取水ぜきを設ける。その位置としては,河川のみお筋が安定していて取入口を設けるの近くを流れ,洪水による河床洗掘や土砂堆積を生じない地点が選ばれる。またせき上げ取水による上下流への影響が少ないことも要件となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android