コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チェンチョウ地区 チェンチョウChenzhou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チェンチョウ〔地区〕
チェンチョウ
Chenzhou

中国華中地方,フーナン (湖南) 省南東部の地区。行政中心地のチェンチョウ市とツーシン (資興) 市ほか7県から成る。東部はチヤンシー (江西) 省との境をなすルオシヤオ (羅霄) 山脈,南部はコワントン (広東) 省との境をなすナンリン (南嶺) 山地で,北部に標高 50~200mの丘陵地がある。中央をシヤン (湘) 江の支流レイ (耒) 水が流れる。盆地や広い谷が開け,稲作が盛んである。山地ではマツ類,スギ類の用材を産する。地下資源はツーシン市からヨンシン (永興) 県にかけてレイホー (耒河) 炭田があるほか,リンウー (臨武) 県のスズ,イーチャン (宜章) 県のスズ,亜鉛,鉛などがある。レイ水に沿ってチンコワン (京広) 鉄道が縦断し,道路網も発達している。人口 421万 2912 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チェンチョウ地区の関連キーワードツーシン(資興)市

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android