チェンフンテン寺院(読み)チェンフンテンジイン

デジタル大辞泉の解説

チェンフンテン‐じいん〔‐ジヰン〕【チェンフンテン寺院】

Cheng Hoong Teng Temple》マレーシア、マレー半島南西岸の都市マラッカ中華街にある中国寺院。17世紀半ばに中国南部の建築様式を取り入れて建造。観音菩薩像や同寺院を建立した明朝遺臣李為経の肖像がある。
[補説]「青風亭」とも書く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android